ボトムズ日記

日記です

Hubotでスレッドにコメントするようにした。

今日の日記 とても雑なメモ

https://github.com/slackapi/hubot-slack/blob/master/docs/_pages/basic_usage.md#working-with-threads

nodeのhubot-slackを使ってHubotのコメントをスレッドに返せないかどうか調べていた。そしたら上記の書き方が見つかったので、自分のHubotに適用してあげた。そしたら動くようになった。 thread_ts? はスレッドかどうかの判定関数みたい。普段node.jsとか触らないので書き方も全然わからない。

module.exports = (robot) ->

  robot.hear /badger/i, (res) ->
    if res.message.thread_ts?
      res.send "すでにスレッドで会話しているときは、スレッドに返すよ"
    else
      res.message.thread_ts = res.message.rawMessage.ts
      res.send "スレッドではないときは、スレッドに返事をするよ"

自分のHubotプロジェクトはcoffeeで書かれているのでTSで書き直そうと思っている。

nodeのバージョンをあげた

作業も忘れてしまうので雑にメモ

# リモートのnodeのバージョン一覧を確認する
nodebrew ls-remote
# 12.10.0をインストールする
nodebrew install-binary v12.10.0
# 手元のマシンにインストールされているか確認する
nodebrew ls
# 12.10.0に切り替える
nodebrew use v12.10.0

nodeのパッケージをアップデートする

npm-check-updatesはpackage.jsonを一括で最新バージョンにしてくれるらしい。

# グローバルにnpm-check-updatesを入れる
npm install -g npm-check-updates
# 実行する
npm-check-updates -u
# パッケージをアップデートする
npm update