社会人大学生の日常

1990年生まれ社会人大学生してます。

windowsにubuntuをいれる

大学の課題で、Unixコマンドの実行結果を提出する必要があったので、せっかくなのでwindowsubuntuを入れて対応することにした。手順はqiitaから 所要時間30分くらい。

qiita.com

リポジトリも日本に変えておいた。日本のリポジトリ一覧は以下の通り

www.ubuntulinux.jp

bashrcとかを書かないとなぁと思っている。

docker のコンテナ内でvimを入れる

コンテナ内のGemにbinding.pryを差し込んで挙動を確かめたかった。

OS確認

root@1893583e1cb8:/usr/src/app# cat /etc/os-release
PRETTY_NAME="Debian GNU/Linux 9 (stretch)"
NAME="Debian GNU/Linux"

Debianなのでapt-getしてインストール

apt-get update
apt-get install vim

あとvimで行番号の表示を忘れてしまったのでメモ

:set number

Linux OSのバージョンを調べる方法 - Qiita Docker — docker コンテナの中で vim が使えない場合 - Qiita 【vim】行番号の表示・非表示 - Qiita

rbenv-each を用いて、 rbenv で管理している Ruby のすべてのバージョンに対して、コマンドを実行する

なぜ行ったのか

RubyGems脆弱性があるので、rbenv-eachを導入して、まとめてコマンドを実行してみた。

週刊Railsウォッチ(20190311-1/2前編)「Rails Conductor」14年ぶり復活なるか?、RubyGemsに複数の脆弱性、2009年のRailsエコシステムほか

リポジトリ

rbenv/rbenv-each: rbenv plugin to Run a command across all installed rubies.

インストール方法

公式リポジトリより

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv-each.git "$(rbenv root)"/plugins/rbenv-each

# インストール確認

$ rbenv help each
Usage: rbenv each [-v] <command> [arg1 arg2...]

Executes a command for each Ruby version by setting RBENV_VERSION.
Failures are collected and reported at the end.

   -v  Verbose mode. Prints a header for each ruby.

動作確認

このコードを参考に、Rubyのすべてのバージョンで、そのバージョン情報を出力する。

Rubyのバージョンを出力する。 - こせきの技術日記

$ rbenv each ruby -e 'puts "ruby #{RUBY_VERSION} (#{RUBY_RELEASE_DATE} patchlevel #{RUBY_PATCHLEVEL}) [#{RUBY_PLATFORM}]"'
ruby 2.2.8 (2017-09-14 patchlevel 477) [x86_64-darwin16]
ruby 2.5.1 (2018-03-29 patchlevel 57) [x86_64-darwin16]

いざアップデート

脆弱性の修正パッチが当たっているのがRuby2.4以降らしいので、それより前は失敗する。この場合は 2.2.8 のupdateは失敗することに。

$ rbenv each gem update --system
Updating rubygems-update
Fetching: rubygems-update-3.0.3.gem (100%)
ERROR:  Error installing rubygems-update:
        rubygems-update requires Ruby version >= 2.3.0.
ERROR:  While executing gem ... (NoMethodError)
    undefined method `version' for nil:NilClass
Updating rubygems-update
Fetching rubygems-update-3.0.3.gem
Successfully installed rubygems-update-3.0.3
Parsing documentation for rubygems-update-3.0.3
Installing ri documentation for rubygems-update-3.0.3
Installing darkfish documentation for rubygems-update-3.0.3
Done installing documentation for rubygems-update after 40 seconds
Parsing documentation for rubygems-update-3.0.3
Done installing documentation for rubygems-update after 0 seconds
Installing RubyGems 3.0.3
Bundler 1.17.3 installed
RubyGems 3.0.3 installed
Regenerating binstubs
Parsing documentation for rubygems-3.0.3
Installing ri documentation for rubygems-3.0.3

=== 3.0.2 / 2019-01-01

Minor enhancements:

* Use Bundler-1.17.3. Pull request #2556 by SHIBATA Hiroshi.
* Fix document flag description. Pull request #2555 by Luis Sagastume.

Bug fixes:

* Fix tests when ruby --program-suffix is used without rubygems
  --format-executable. Pull request #2549 by Jeremy Evans.
* Fix Gem::Requirement equality comparison when ~> operator is used. Pull
  request #2554 by Grey Baker.
* Unset SOURCE_DATE_EPOCH in the test cases. Pull request #2558 by Sorah
  Fukumori.
* Restore SOURCE_DATE_EPOCH. Pull request #2560 by SHIBATA Hiroshi.

=== 3.0.1 / 2018-12-23

Bug fixes:

* Ensure globbed files paths are expanded. Pull request #2536 by Tony Ta.
* Dup the Dir.home string before passing it on. Pull request #2545 by
  Charles Oliver Nutter.
* Added permissions to installed files for non-owners. Pull request #2546
  by SHIBATA Hiroshi.
* Restore release task without hoe. Pull request #2547 by SHIBATA Hiroshi.


------------------------------------------------------------------------------

RubyGems installed the following executables:
        /Users/yamakawa00/.anyenv/envs/rbenv/versions/2.5.1/bin/gem
        /Users/yamakawa00/.anyenv/envs/rbenv/versions/2.5.1/bin/bundle

Ruby Interactive (ri) documentation was installed. ri is kind of like man
pages for Ruby libraries. You may access it like this:
  ri Classname
  ri Classname.class_method
  ri Classname#instance_method
If you do not wish to install this documentation in the future, use the
--no-document flag, or set it as the default in your ~/.gemrc file. See
'gem help env' for details.

RubyGems system software updated
FAILED IN: 2.2.8

結果として、2.5.1しか脆弱性修正対象のバージョンがなかったので、rbenv-eachを導入する必要がなかったのではと思ったが、何事も経験なので。

Gitで管理しているプロジェクトで別のブランチから1ファイルだけ持ってくる

rebaseミスって、masterブランチから対象ファイルを持ってきたい時があるのでメモ

# まずはファイルが該当ブランチに存在するか確認する
git show <コピー元ブランチ名>:<ファイル名>
# 存在したら、今いるブランチへ適応させる
git checkout <コピー元ブランチ名> -- <ファイル名>

実際に使う時

git show master:hoge.rb
git checkout master -- hoge.rb

これ、実はhelpに書いてある。ちゃんとhelp読もうね。(戒め)

$ git show -h
usage: git log [<options>] [<revision-range>] [[--] <path>...]
   or: git show [<options>] <object>...

$ git checkout -h
usage: git checkout [<options>] <branch>
   or: git checkout [<options>] [<branch>] -- <file>...

2019.3.10 一週間のふりかえり

ふりかえり習慣を可視化していなかったので、暇があれば1週間単位でふりかえりをしようと思う。

keep

  • 社内イベントで展示する予定だったAlexaスキルの開発を期日通りにできた。
  • 今まで自分専用のAlexaアプリだったけど、展示することによって使用者のログをとることができて、どういう使われ方をするのか知ることができた。
  • 今週はペアプロしてたけど、だれかと一緒に作業するのは緊張するけど、学びが多くてよい。

problem

  • 大学の宿題と情報試験の勉強の進捗がなかった。そもそも予定を立てていないので、スプレッドシートにでも予定をつくったほうがよい。
  • Railsdevise とか昔使用したこともあったのに、忘れていた。
  • くしゃみのしすぎでぎっくり腰になって休日に家から出ることができなかった。

try

  • 現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド を軽く見返しておく
  • 勉強の予定を立てる。