元税理士受験生、プログラミングをする

1990年生まれド文系プログラマーの軌跡

【ネタバレ】レディ・プレイヤー1を観た

休日早朝映画活動3週目、今週はレディ・プレイヤー1を観た。8:55開場にも関わらず劇場が満員で驚いた。正直なところあんまり期待していなかったが、予想外の面白さだった。

よかった点

  • 知ってるキャラが出てくるたびに嬉しい。どこかのブログで、フィクションに触れた数だけ楽しめると書いてあり、まさにその通りだと思った。
  • この映画のテーマは、「仮想現実もいいけど、リアルもおろそかにするんじゃない」であり、現代に生きてる僕らも少し考えさせれた。
  • 悪役企業の「仮想現実では勝てないから、リアルで始末しようとする」というスタンスがよかった。それにより、主人公たちのリアルでの見方が変わるための動機になっていて、うまいなと思う。(悪役に魅力があるかと言われれば微妙なところだが)
  • ガンダムを操縦するのが日本人でよかった。アメリカ人が操縦するとウイングガンダムになってしまうので、主役キャストに日本人キャラを入れたことでガンダムが自然になりGood!!ガンダムを呼び出すときのセリフも最高だった。「俺はガンダムで行く!」

イマイチだった点

  • ガンダムメカゴジラにやられたところ。善戦はしたけど日本人としては決めて欲しかった笑
  • ホラーネタが全くわからなかった。ギーグネタとホラーネタの両方の元ネタが多く登場するので、この映画のネタを全部網羅している人はごく少数なので?さらにギーグネタもオーバウォッチなど比較的最新のものから、アタリの博物館レベルのゲームのネタまで年代が幅広いのでついて行くのが大変だった。元ネタを調べてもう一回観たい!!!

点数をつけるとしたら100点満点💯。2018年は、この映画より面白い映画に出会えるかわからないレベルだった。